はてなナビ

収入印紙の使い方や種類など

日常生活ではあまりなじみのない収入印紙。どんなときに使うのかよく知らない人も多いのではないでしょうか。ここでは収入印紙の使い方についてまとめてみました。

 

収入印紙とは


「収入印紙」とは「印紙」とも言われており、税金の支払いに用いられる証書のことです。

 

もっと簡単に言うと、収入印紙が必要な書類は「税金」がかかりますが、書類に収入印紙を貼ることで、国に納税することができるのです。

 

収入印紙が必要なものには「領収書」「売買契約書」「10万以上の手形発行」「業務委託契約書」などがあり、これを課税文書と呼びます。

 

では、そもそもなぜ収入印紙が必要なのでしょうか。書類に収入印紙を貼ることは法律で決められており、税収の確保のため、利益が発生するものに対して法的根拠を安定させるため、と考えられています。

 

正直、書類に収入印紙を貼ることは、紙に紙を貼っているだけのような気もしますが、実は貼り忘れたりすると過怠税を徴収されることがあります。

 

また、貼る必要があると知っていながら収入印紙を貼らない場合は、さらに罰金などを科せられることもあるので、要注意です。

 

今までなにも考えずに収入印紙を貼っていましたが、これが税金と知ってからは、こんなところからもお金を取っているんだなと少し複雑な心境です。


領収書の収入印紙はいくらから?

 

5万円以上から課税範囲になるため収入印紙が必要になります。

 

<収入印紙金額一覧>

・5万円未満・・・非課税

・5万円以上100万円以下…200円

・100万円以上200万円以下…400円

・200万円以上300万円以下…600円

・300万円以上500万円以下…1000円

・500万円以上1千万円以下…2000円

・1千万円以上2千万円以下…4000円

・2千万円以上3千万円以下…6000円

・3千万円以上5千万円以下…1万円

・5千万円以上1億円以下…2万円

・1億円以上2億円以下…4万円

・2億円以上3億円以下…6万円

・3億円以上5億円以下…10万円

・5億円以上10億円以下…15万円

・10億円以上…20万円

・受取金額の記載がない…200円

 

 

収入印紙はどこで販売しているの?

 

収入印紙はどこで買うことができるのでしょうか。

 

<収入印紙購入場所>

・郵便局

さまざまな金額の収入印紙を購入できます。また未使用の収入印紙をほかの種類の収入印紙に交換できます。しかし、収入印紙の払い戻しはできません。

 

・コンビニ

24時間いつでも収入印紙を購入できます。ただし、郵便局ほど多くの種類を取り扱ってはいません。高額な収入印紙、特殊な収入印紙は置いていないのでことがあるので注意してください。

 

・金券ショップ

金券ショップは買取をするだけではなく、販売もしています。通常料金より安く買うことができますが、ほしい金額の収入印紙が必ずあるとはかぎりません。

 

・タバコ屋さんなどの商店

町にある小さな商店など、切手やはがきを扱っているところでは収入印紙も販売しています。ですが、取り扱っている種類は多くはないです。

 

・法務局

こちらでも購入できます。ただし、一般の方は行くことがほとんどなく、少し購入しにくいイメージかもしれません。

 

このように収入印紙はさまざまな場所で購入できます。急ぎの時はコンビニで購入できますし、高額の収入印紙が必要になった時は、24時間営業している郵便局で購入するといいと思います。

 

収入印紙は「郵便局、郵便切手類販売所又は印紙売りさばき所」での購入なら非課税です。しかし、金券ショップなどで購入する場には消費税がかかります。

 

 

収入印紙の貼り方

 

収入印紙には貼り方が決まっています。正しく貼るためのポイントをまとめてみました。

 

・ポイント1…消印(割印)の押し方

収入印紙と用紙にまたがって押します。消印を押す場所に細かい指定はないようですが、基本的には収入印紙の右側と用紙にまたがって押すのが一般的です。

 

・ポイント2…サインでもOK

消印は印鑑ではなく、サインで代用することも可能です。サインをする時は、鉛筆など消えるものはNGです。ボールペンなどの消えないのもでしっかり書くことが大切です。

気をつけたいのは、斜線を引くだけでは消印とはならないことです。斜線では再利用などに使われることもあるるで、消印は割印かサインでしましょう。

 

・ポイント3…2人の署名・捺印がある

契約書の内容によっては、2人の消印が必要になる場合があります。この場合は、収入印紙の右側と左側に押します。(左側が甲、右側が乙)

 

ただし、必ず2人の消印が必要というわけではありません。再使用を防ぐことが目的なので、1人の消印だけでも問題ありません。

 

収入印紙の種類

 

収入印紙の種類には31種類あります。一覧はこちらです。

 

<収入印紙一覧表>

1円・2円・5円・10円・20円・30円・40円・50円・60円・80円

100円・120円・200円・300円・400円・500円・600円

1,000円・2,000円・3,000円・4,000円・5,000円

6,000円・8,000円・10,000円・20,000円・30,000円

40,000円・50,000円・60,000円・100,000円

 

この中でもよく使用されるのが200円の収入印紙です。

 

また、「収入印紙」と間違えやすいのが「収入証紙」です。似ているようですが、収入印紙は国へ、収入証紙は地方自治体へ、と税を納める場所に違いがあります。